田舎を思い出す時

ぼやいております

とりあえず、ぼやいております~細やかのことでぼやいております~

田舎の風景

私には、田舎というものがない。

先日、友人たちとお話をしていた時、12月の話になり、田舎に帰る人と帰らない人がいた。

田舎の水車

田舎のある人たちは、やっぱり田舎で過ごす事が楽だと言います。

こちらでは、全部自分でやらなければいけないけど、田舎に帰れば親がやってくれるので、学生の時の友人や近所の友達と過ごすことができるそうです。

ただし、帰る時を間違えると大掃除やおせちに駆り出されてしまい、逆につかれるそうです。

やっぱり、こたつにみかん、しめ縄、松飾などがあるのかを聞くと、一応、やっているそうだ。

結婚してからこたつなんて買ってないし、みかんもあれば食べるが自分では買いません。

都会と田舎って本当に違いがあるんだと思いました。

でも、田舎の風景は、可能な限りは残してほしいと思ってしまうのは、勝手なお願いなのでしょう。

もう、年末もまじか、我が家も年賀状に大掃除とイベントが盛りだくさんです。

« - »

お土産 労働者はどこに?