何でも実写するもんでない・・・

ぼやいております

とりあえず、ぼやいております~細やかのことでぼやいております~

ベトナムの実写版ドラえもん

ベトナムでドラえもんが実写化されて話題になっている。

ドラえもんはどうなったかというと、青い全身タイツのようなコスチュームに、青いヘルメットをかぶって全身青の中年男性で、逆にその大胆さが斬新さを感じる・・・(笑)

本物のドラえもんとのび太くんとジャイヤン

のび太はちょっと老けているが、妻夫木演じるのび太に通ずるものがある、スネ夫は角刈りだけどちょっとスネ夫カット風!(笑)

ジャイアンは驚きの女の子!!

そしてしずかちゃん役の女の子がかわいいと日本では話題になった。

富山大学名誉教授で、「ドラえもん学」の提唱者でもある横山泰行氏は、このベトナムの実写版ドラえもんについてこんなコメントを残している。

「漫画連載初期の設定を積極的に参考にしており、非常に楽しい動画です。
例えば、しずかちゃんのヴァイオリン演奏は、現在の設定では、ジャイアンリサイタルに匹敵する音の公害とされていますが、初期はその実力を天才と称されています。

この動画内のしずかちゃんはヴァイオリンを上手に弾いていますから、初期の彼女を描いているのでしょう。

また、『なぜジャイアンが女の子なのか』と指摘されていますが、これはジャイアンではなく、ジャイアンの妹で初期におてんばな設定だったジャイ子だと思います。

もともとジャイ子はバットを持ってのび太を追いかけ回したりもしていたほど荒っぽかったので、つじつまは合います。以上のように見てみても、この作品はよく再現できていると思います」

ジャイアンが女の子っていう設定は凄く斬新で面白いと思うけどなー

«

仏経済学者トマ・ピケティ氏会見の波紋